top of page

ヴィシャカ月 マインドフル瞑想会@ナクシャトラ ジョーティッシュ 東京&オンライン

ヴィシャカ月のマインドフル瞑想会@ジョーティッシュ東京&オンライン。


日時:5月23日(木)朝方に満月のマインドフル瞑想会ビデオをこちらにアップします。ご覧ください。



海外から取り寄せた新しいシヴァ神の画
海外から取り寄せた新しいシヴァ神の画

ゴールデンウィーク序盤5月1日にベルテインのマインドフル瞑想会を開催し、早くも本日14日に太陽はヴリシャバ(牡牛座)に移動。5月は願望成就の大チャンス。個人的にも仕事もMystical Light の活動もお陰様で勢いづいています!


そんな中、最近アメリカのNear Death Experience 臨死体験のチャネルを見つけシリーズを観ていました。臨死体験と言えば世界中の体験者が身体を抜けて高い次元に飛び、口を揃えて「大いなる存在」や天使、先に旅立った家族との再会について語っています。また共通して「無条件の愛」や「眩い光、そして美しい花畑のような景色」を描写しています。


それでいつも思うことが2つあります。1つは臨死体験をしなくとも毎日の瞑想で高次元の世界の波動や光を感じ取ることが可能であるという事実。マインドフル瞑想でもチャクラをオープンし光の世界を垣間見ることは充分にできるのです。

2つ目は、1996年夏にケートゥ期が始まると秋には神秘体験が始まりバガヴァーンに導かれ、それから1年の間は一日の半分はほぼ意識が光の世界に飛んでいた事実。それをどうやって人に伝えられるかいつも迷ってしまうのですが、この度臨死体験のチャネルを観ていて1996年秋からの1年はある種の継続的な臨死体験をしていたことに気づいたのです。上の世界が本物でいずれ肉体を出たら帰る故郷であること。大いなる存在に日々守られ導かれて生きていること。地球は仮の居場所であること、など実感しながらただ毎日至福とやすらぎの波動に浸っていた時期でした。


97年の秋には初めてインドに呼ばれ、それからもわたしの「臨死体験にも近い神秘体験」は続きました。当時の体験は今後瞑想会を続ける上で、やはりいつも意識していきたい事実であることを再認識しました。


ですから・・・今日のメッセージです。「メディテーションは何も複雑なものでも、力を入れてやることでもない。魂の故郷である無条件の愛と燦然と輝く光の世界を1回に5分でもいいから垣間見てつながる儀式であること」。これをもう一度意識して、みなさんにも日々の瞑想を続けてほしいと思うのです。






目次 (下線のタイトルをクリックして関連セクションへ Jump! )





 ヴィシャカとアヌラーダ・ナクシャトラの勝利のダブルアーチをくぐる満月


早くも太陰暦2か月目『ヴィシャカ月』に入り、5月23日(木)にヴィシャカのプルニマ(満月)がやってきます。新月の翌日のプラティパダから始まる太陰暦のひと月は、満月がターニングポイントとなります。


天の月がヴィシャカとアヌラーダを通過していくタイミングで満ちるヴィシャカの月。ヴィシャカ・ナクシャトラとアヌラーダ・ナクシャトラはペアで、2つの勝利のアーチを描きます。ヴィシャカのアーチがより現世的であるのに対し、アヌラーダのそれはシヴァローカ(神の領域)へ続く精神的なアーチ。


魂は幾度となく人の姿でこの世に転生し、これら2つのアーチをくぐります。ヴィシャカ・ナクシャトラの支配神はインドラとアグニ神。デーヴァ(神々)の領域で共にリーダー的な存在であるインドラとアグニは気高く野心的なキャラクターです。ですからヴィシャカの満月は、今生で想い残すことなく目標を達成できるようインドラとアグニに祈る時。現世的な成功、結婚、家庭生活の繁栄を願うのであります。ヴィシャカの満月にはインドラ・アグニ神があなたに必要な統率力、自信、気骨、強靭な意思と敵を打ち負かす戦力を授けます。



夜空に浮かぶ吉兆なヴィシャカの満月
ヴィシャカ月


16の神秘の光線を秘めた満月の波動に包まれた中、月のバトンはアヌラーダ・ナクシャトラの支配神ミトラに渡されます。アヌラーダのより柔らかく優美な波長がヴィシャカ・ナクシャトラの懐が大きくも激しい波長と中和され、心をより崇高な内なる輝きの世界へと誘います。ここではシヴァとシャクティ、ラーマとシータ、クリシュナとラーダの影が重なりひとつに溶け合います。現世での成功を味わいつつ、マーナス(心)を内に向けパラマアートマを求めるのです。人は誰もうたかたの快楽で心を満たすことはできません。ヴィシャカとアヌラーダの2つのゴールデンアーチをくぐることは、世俗的にも霊的にも成長し進化し続け、同時に成功を収めることなのです。


ヴィシャカの満月には、ヴィシャカ・ナクシャトラとアヌラーダ・ナクシャトラによる天と地の究極の勝利に目を向ける時なのです。ヴィシャカの満月は恒星占星術でいう天秤座の風の要素から蠍座の水の要素へ移行するポイントであり、ヴィシャカのカファからアヌラーダのピッタに移行する分岐点でもあります。限りない恩寵が降り注ぐヴィシャカ月の満月のマインドフル瞑想会。23日(木)の朝にはこちらの動画をアップします。サット・チット・アーナンド~光輝く宇宙真理、無条件の愛、全てを包み込むような平穏な世界にアクセスし、あなたのオーラを満月の16の神秘の光線で満たしましょう。


 23日(木)満月当日のミニ・トランジットレポート!


5月23日の明け方6時26分に、月はヴィシャカ・ナクシャトラのパダ4に入ります。ヴィシャカのパダ4はヴィリシュチカ(蠍座)の領域になります。

つまり朝6時26分以降、満月の夜、月は対局のヴリシャバ(牡牛座)のクリティカ・ナクシャトラにいる金星4°57'、木星5°08'、太陽8°19'というサトワ(情性)な特性を持つ3つの惑星からとてもポジティブなアスペクトを受け始めるのです。


ヤッギャ~供儀という神聖な儀式に紐づく同じくアグニ(炎の神)支配のクリティカ・ナクシャトラにいる木星と金星は太陽と共にこの満月のアスペクトを通して、わたしたちにどんなメッセージを投げかけてくれるのでしょうか。『ブレハシュパティ~木星』と『シュクラチャルヤ~金星』は大宇宙の2大グルです。共にアドバイザーでありティーチャーであり、聖典を知り尽くした聡明な尊師なのです。


この夜静寂に耳を傾ければ当然、あなたのためになるメッセージが届けられるはずです。


更に昼12時45分になると月は既にアヌラーダ・ナクシャトラのパダ1に突入。さらに19時1分から1時16分まで月はアヌラーダの中でもプシュカラ(滋養溢れるパワフルな領域)を通過します。

27星群でも1、2を争う信仰深いアヌラーダ・ナクシャトラのバクティ(神への信愛)が最大化する領域を月が通過する満月。そのタイミングで行う瞑想会は、神聖なサットサング(集い)となるでしょう。



アヌラーダ・ナクシャトラのバクティの波動にも満ちたヴィシャカの満月 
アヌラーダ・ナクシャトラのバクティの波動にも満ちたヴィシャカの満月 




 9つの惑星に捧げる究極の賛歌 Navagraha Stotra



Navagraha Stotra Audio


ナクシャトラのコースも新規に始まったことですし、今日は改めて、4つのヴェーダ聖典、マハバーラタ、聖典プラーナ、ブラフマスートラを編纂したヴャ―サ仙の名も登場するあらたかなシュトートラをご紹介します。


シュトートラは祈りの文言、または賛歌という意味があります。ナヴァグラハシュトートラはナヴァグラハ~9つの惑星を称える祈りです。


2002年にリシケシはシヴァナンダアシュラムのカーティケアンジよりこのシュトートラを譲り受けて以来、実に22年一日も欠かさずに唱えています。2年前に解脱した母も祖母も毎日唱え、最期まで病気知らずでした。


惑星は地球に限りない恩恵をもたらすと同時に、多くの禍も招いてしまいます。惑星からのネガティブな影響を軽減するために人類に与えられた賛歌がこのナヴァグラハシュトートラ。


シュトートラはマントラに比べ長いですが、ナヴァグラハシュトートラの終盤では、昼に夜にこの経典を唱える者は、あらゆる障害から解放される、彼らの資産および健康が保証され無限に反映される、されに恐れ、不安、災難からも解放される、これに疑いなし、と宣言しています。


ヴィシャカの満月のマインドフル瞑想会では、吉兆な惑星も整列する夜でもあるのでナヴァグラハシュトートラを唱えます。


Om Sri Ganeshaya Namaha

ガネーシャ神にひれ伏します。


●Japakusumasankasam Ksyapeyam Mahadytim

Tamorim Sarvapapaghnam Pranatosmi Divakaram


ジャパークスマの花の様に輝く カーシャパの息子である偉大なスーリャよ

暗闇の無知と全ての罪を焼き尽くす太陽神にひれ伏します。



●Dadhi Shanka Tusharabham Kshirarnava Samudbhavam

Namami Shashinam Somam Shambhor Mukuta Bhushanam


ヨーグルト、法螺貝、雪の様に白く クシーラの浮きから沸き上がり

解脱を与えるシヴァ神の髪に飾られた月の神にひれ伏します。


●Dharani Garbha Sambhutam Vidyut Kanti Samaprabham

Kumarram Shakti Hastam Tam Mangalam Pranamamyaham


母なる地球に宿り誕生し、稲妻のごとく美しく輝きシャクティを持つ

カーティケーヤ。吉兆な惑星火星にひれ伏します。


●Priyangu Kalikashamam Rupenapratimam Budham

Saumyam Saumya Gunopetam Tam Budham Pranamamyaham


プリヤングの蔓の様に目の覚めるようなグリーンで、賢く

歓びを授ける徳高きチャンドラ(月の支配神)の息子水星にひれ伏します。


●Devanam Cha Rishinam Cha Gurum Kanchana Sannibham

Buddhibhutam Trilokesham Tam Namami Brihaspatim


神々やリシ達のゴールドに輝くグルであり、叡智の具現者、

蜜の世界の主であるブレハシュパティ(精神的指導者)、木星にひれ伏します。



●Himakunda Mrinalabham Daityanam Paramam Gurum

Sarva Shastra Pravaktaram Bhargavam Pranamamyaham


クンダとムリナールの花のように白く輝き、悪魔を統治する偉大な指導者よ

全ての経典を極めたシュクラチャルヤ、金星にひれ伏します。


●Nilanjana Smab Hasam Raviputram Yamagrajam

Chayamartanda Sambhotam Tam Namami Sanaischaram


深い青のアイシャドーのごとく輝く太陽の息子、ヤマの兄

チャーヤとスーリャの間に誕生したシャナイシュチャラ、土星にひれ伏します。


●Ardakayam Mahaviryam Candra Aaditya Vimadaham

Simhika Garbha Sambhotam Tam Rafum Prayamyamaham


半分の身体で怪力、月と太陽を悩ます

スィムヒカの子宮から誕生したラーフにひれ伏します。


●Palasha Pushpa Sankasham Taraka Graha Mastakam

Raudram Raudratmakam Ghoram tam Ketum Pranamamyaham 


パラーサの花のように輝き、全ての星座において最上位にあり

ラウドラのように凄まじい形相と御姿のケートゥにひれ伏します。


●Iti Vyasa Mukhogitam Yah Pathet Susamahitaha

Diva Va Yadhi Va Ratrau Vigna Shantir Bhavishati


ヴャ―サ聖仙により口授された経典を 昼も夜も真摯に唱える者は誰も

未来の生涯を取り除かれる。


●Nara Nari Nripanam Cha Bhaved Dhusvapna Nasanam

Aishwaryam Atulam Tesham Aarogyam Pstivardhanam


男女問わず、王族も平民も諸常の悪夢から解放される

そして富に恵まれ無比の繁栄を授かり、健康は促進されるであろう


●Graha Nakshatrajah Pidas Takara Agni Samudbhavah

Tah Sarvah Pasamam Yanti Vyaso Brute Na Samsayah


惑星や星座の影響で引きおこる盗難や火事などの災難は

全て破壊されるとヴャ―サはここに宣言する。これに疑いなし。



Iti Sri Vyasa Virachitam Navagraha Stotram Sampornam

Iti Navagraha Stotrani 


これにてヴャ―サ聖仙によって説かれた9つの惑星への祈りを完結する。

ナヴァグラハシュトートラの祈りをここに捧げる。




ナヴァグラハを司る神々
ナヴァグラハを司る神々

ヴィシャカ月 マインドフル瞑想会@ナクシャトラ ジョーティッシュ 東京&オンライン いかがでしたか。5月もUターン地点に。引き続きみなさまにとって生産性高く、平穏な日々でありますよう。


Pranam


Jun

Mystical Light



閲覧数:121回

Comments


bottom of page