top of page

ナクシャトラから観る大谷選手のジョーティッシュ・チャート分析 大谷翔平編

更新日:5月11日

世界の大谷翔平選手のジョーティッシュのラシ・クンダリ(ホロスコープ)を主にナクシャトラから観て分析しました。



世界のスーパースター大谷翔平選手
Shohei Ohtani

大谷翔平選手のラシ・クンダリ
Shohei Ohtani Rashi Kundali -Yantra



 爆発的な野球選手としてのパワーの源


先ず大谷翔平選手のラグナは、火星支配のダニシュタ。アシュタ・ヴァス―スという自然界をも司る8人の男性の神が支配する、人生の様々な財を授けてくれるダニシュタ・ナクシャトラ。8人の支配神から、8人のチームメイトと試合に挑む「野球」との縁をすぐに連想してしまいました。


そのダニシュタの支配惑星は火星で、彼のチャートでは5ハウスに位置しています。そこでは男性、特に大成功を収めているスポーツ選手にはもってこいの見事な月と火星のコンジャンクションが形成されています。「チャンドラマンガル・ヨガ」と呼ばれるこのコンビネーションは、一般的にもとても吉兆とされています。その火星と共にある月は牡牛座で高揚しており、ローヒニ・ナクシャトラにあります。


ローヒニの人は人気者で回りの憧れの的になる傾向にあります。今やアメリカでも日本でも大人気のスターである大谷選手の人生がしっかり現れています。ローヒニには赤という意味もあり、大活躍したエンジェルスのユニフォームがレッドであることとの関連性も頷けるところ。5ハウスのローヒニは過去生からの恩寵もあり人生で成功、名声、幸福を約束します。


一方彼のチャートにおいて火星が位置するのは、クリティカ。クリティカは太陽支配のナクシャトラで、その支配神は炎の神アグニ。太陽とアグニのコンビネーションは、ネイティブに情熱とパワーを与えます。

クリティカの人は普段とても穏やかですが、怒ったら瞬間湯沸かし器のように短気です。大谷選手の場合はプロのアスリートだからそんな怒りのエネルギーも見事に試合での負けん気と勝負強さにチャネリングしているのでしょう。

大谷選手のクリティカにはもう一つの惑星ケートゥもいます。ケートゥもまたピッタの惑星なため、炎のようなスタミナは当然増幅されます。ケートゥはマンガル(火星)と共に、二刀流として知られる特異稀な才能を発揮させているのでしょう。クリティカのシンボルは刃であることから、キレのあるピッチングとバッティングの秘密もまたクリティカにあると言ってもよいでしょう。


興味深いことにクリティカの支配神アグニは、彼の10ハウスでラーフのいるヴィシャカ・ナクシャも支配しています。アグニ神の恩恵が2つのナクシャトラを通して、大谷翔平選手のラーフ期(現在)の爆発的な活躍と成功を保証しているとみられます。ヴィシャカはアグニ神とインドラ神が共同支配しており、インドラもまた神々の中の王。この2人のデーヴァが、2つの野球大国である日本とアメリカの野球界でキングにのし上げたのでしょう。


話を戻してクリティカ・ナクシャトラは、シヴァ神の息子ムルガン神にも紐づいており、ムルガンは火星の支配神で戦争の神であるため、月とのコンジャンクションにより彼に大きな勝負運を与えています。これが大谷選手の5ハウスで起こっていることから、彼の大きな成功は前世の善行によるものであることも推測できます。



大谷翔平選手のナクシャトラ
Shohei Ohtani- Nakshatra etc.


 違法賭博疑惑に巻き込まれている背景


次に2ハウスのシャ二(土星)はシャタビシャクにあることから、彼はプライバシーや一人の時間を大切にするのではと思われます。今年7月で30歳になる大谷選手。30歳ということは、当然土星が生まれた時のポジションに戻るサターンリターンを意味します。彼の場合、ラーフ支配のナクシャトラにいるエネルギーの非常に強い逆行した土星ですから、1つの区切りを表すとともにそこに大きな浄化が伴っても不思議ありません。

それだけでなくトランジットの火星は3月24日からシャタビシャク・ナクシャトラ入りし4月9日まで滞在しています。この2つのパーパグラハ(凶惑星)の影響から、違法賭博疑惑により解雇となった彼の通訳を務めていた水原氏のスキャンダルに巻き込まれていることが容易に推察できます。そしてこれがお金の動きを表す2ハウスで起こっているから、金銭関連のスキャンダルであることが分かります。シャタビシャクとは、100人の医者に診せても治しがたい病をも意味します。あくまでも推測ですが、報道されているように水原氏のギャンブル癖が常習性のある可能性はじゅうぶんに考えられるのです。

 

さらにもう一つ懸念されるのは、3月の月食が起こるのがカニヤ(乙女座)で、やはり大谷選手の9ハウスにあたり金銭や名声に関連していること。水原氏が賭博による負債を返済するため大谷氏の口座から約6億7500万円を持ち逃げしていると報道されていますが、この金銭的なスキャンダルが明るみに出たのが月食と4月の日食に挟まれていることは偶然とは言えないのです。(*月食や日食には悪事や秘密が表面化する傾向がある。)

 

なにせ次の4月8日の日食はミーナ(魚座)に月、太陽、ラーフが集結。魚座は大谷選手の3ハウス・9ハウス軸にあたるため、このスキャンダルの調査や報道はまだしばらく収まりそうにありません。実際大谷選手のD9チャートの魚座は太陽、土星、火星、金星という4つの惑星がコンジャンクションとなっており、彼の7ハウス(社会)にあたっています。大谷選手自身は賭博に関与していなくとも、これは社会人として今後の人生の大きな教訓となることは間違いありません。

 


 大谷選手の結婚


3月15日に結婚を発表したばかりの大谷選手。

D9チャートと言えば人の結婚運、パートナー運を観るためにも重宝される訳ですが、そのD9の7ハウスで「結婚運を表す金星」が高揚しています。お相手も美しく成功を収めた人となります。とは言え同じD9の魚座には、金星にとっての敵の太陽、土星、そして中立的とは言え凶惑星の火星が位置しているという少し複雑な状況です。彼の結婚生活が今後順風満帆かと訊かれれば、正直必ずしもそうと言えない部分はあります。


またD1に話を戻し彼の金星の位置を見てみると、やはり当のシュクラ(金星)は結婚相手を表す7ハウスにいます。だからこの時期の結婚は当然ながら必然です。


マカラ(山羊座)がラグナ(1ハウス)の大谷選手にとって金星は機能的吉惑星となり一見好位置に想われるのですが、蟹座は金星が敵視する月の支配星座。さらに大谷選手の金星はアシュレーシャにあり、蟹座の29°38’という因縁の度数にあります。これはガンダンタという位置でアシュレーシャ・ナクシャトラの妬み、裏切り、復讐、執拗な執着といった出やすくなっているのです。2人の間に信頼関係と愛があるなら、品格と人格ある友人関係のみに絞り、家庭も神聖な領域として邪悪な念を跳ね飛ばすことが大切でしょう。


2人が出会ったのが3~4年前とのことで、おそらくそれはラーフ・水星期にあたります。水星はアシュレーシャの支配惑星なので、つじつまが合います。今回の結婚発表はラーフ・金星・木星期に行われました。やはり結婚発表には納得な時期なのですが、気になる点はラーフも金星も揃ってラクシャサ(悪)の影響を放ってしまうこと。


ラーフはラクシャサ(悪魔)の代表選手であり、シュクラチャルヤ(金星の支配神)もまた悪魔にアドバイスを与えるちょいワルな師(アドバイザー)として知られています。つまり神々に指南を与えるブレハシュパティ(木星の支配神)と真逆の働きをすることになります。

2人は常にマスコミの標的となる公人ですし、そこには計り知れないプレッシャーがあるでしょう。月が高揚し、意思も強固で穏和な大谷選手ですから、二人でこれから信頼関係を築き上げ結婚生活でも大きな幸せを掴んでもらいたいものです。そこには良きアドバイスをくれる身内やチームをしっかりと身の周りに置き、ラーフの負の影響を寄せ付けぬよう留意することが鍵と言えるでしょう。



 

 大谷選手の爆発的なラーフ期


もともと彼のラーフはキャリアの10ハウス(ラーフにとっての好位置)にあり、同10ハウスにいる木星もラーフによってそのパワーが増幅しています。興味深いことに、木星はラーフ支配のスワティ、そしてラーフは木星支配のヴィシャカに位置することから、2つの惑星は相互支配の関係にあり、大谷選手のキャリアの成功を桁外れの領域に押し上げているのです。


ラーフは彼のD9でも10ハウスにいて、プロ野球選手としてのキャリアもラーフ・ラーフ期でスタートしているることは当然と言えます。プロになってからラーフ・木星期には選手として順調に活躍し、「外国・遠方を表すラーフ・土星期」にメジャーリーグ・デビューを果たしています。


一方彼の太陽は破壊的なルドラ神の恩恵も受けるアルドラ・ナクシャトラの4パダにあります。アルドラの4パダは、プシュカラといって惑星の力が増幅し成長し続ける領域にあたります。

もともと6ハウスの太陽は、健康、スタミナ、運動神経、敵を負かす勝負強さを発揮させるため、その力がアルドラの吉兆な領域でやはり倍増されていることになります。やはりアスリートとして日本を代表し戦い、勝利するために生まれてきた大谷選手に相応しい納得の太陽の配置なのです。


現在のラーフ・金星期は2025年の7月末まで続きますから、この月食日食の負の影響によるスキャンダルを吹き飛ばし、公私ともに世界のOhtaniとして活躍し続けてほしいですね。


これを読んでくれている皆様へのメッセージにもなりますが、今回の賭博というキーワードから分かる通り、カリユガの世ではギャンブル、売春、酒場、大きな金が動く金融業界、暴力が蔓延る場所においてラーフの悪影響に捕まってしまいます。


特にラーフ期の人、もともと誕生チャートで月がラーフの影響を大きく受けている人はこの点に大いに注意し、そのような場所に出入りせず、健全な人達とのみ交際し、一般的に常習性を煽るアルコールやドラッグなど(大谷選手がそういうものに依存しているとは言っていません。)に惑わされず生活しましょう。君子危うきに近寄らずがラーフ期の成功を約束し、ネイティブに大きな現世的成功を与えるのです。



ナクシャトラから観る大谷選手のジョーティッシュ・チャート分析 いかがでしたか。

こんな風にナクシャトラからもあなたやあなたの周りの人、好きなセレブのチャートを分析してみたい人は、

Mystical Light のナクシャトラ・マインドマッピングコース~ゴールドレベルに参加してみませんか。

例えばカリユガの始まりにドゥワパラユガで何が起こったか、カリの魂がどんな背景で上記の場所に入り込んだか、などマハバーラタや聖典プラーナの神話からたっぷりお話しします。

全12回、月1のクラスが2024年4月21日(日)からスタート。詳しくはこちらの記事でチェックしてみてください。




Mystical Light 著 まだ誰も知らない27星群ナクシャトラ アマゾンと楽天にて好評発売中!



まだ誰も知らない27星群ナクシャトラ ミスティカルライト著
まだ誰も知らない27星ナクシャトラ


アマゾンご注文リンク

 

楽天ご注文リンク

 

 



  

閲覧数:359回

Comments


bottom of page