top of page

【2024年6月天王星と木星の動き】インド占星術ホロスコープ分析~ナクシャトラ・ジョーティッシュ

更新日:6月15日

ナクシャトラ・ジョーティッシュから観た2024年6月トランジットレポート。ミスティカルライトのインド占星術ホロスコープ分析シリーズ最新記事。



ホロスコープにひまわり 2024年夏の惑星の動きに注目
天王星が牡牛座に移動




【ナクシャトラ・ジョーティッシュ】2024年6月のトランジット:目次





Arun~天王星、7年の牡牛座滞在開始!


2024年6月1日、時に反抗的で混沌をも引き起こす外惑星「天王星」が地のラシ牡牛座に突入しました。サプライズと破壊の惑星としても知られる天王星が安定の地の星座であるヴリシャバ~牡牛座に入ることであなたのファイナンス、流動資産、名声、イメージ、家族に変化がもたらされます。物質的な要素も強い牡牛座に天王星がサプライズとギフトをもたらす7年周期の始まりである。ある人には天からの恩恵が降り注ぐ時期、そしてある人にとっては混沌という嵐が待ち受ける面白い時期になりそう。



宇宙に浮かぶ外惑星 天王星
Arun 天王星


先にトランジットの要点を押さえておくと、天王星は6月1日に牡牛座に移動してから一度年末12月13日に牡羊座に逆行します。その後2025年3月19日に牡牛座に戻るとそこから6年しっかり牡牛座に滞在します。


太陽から7番目の外惑星である天王星は、ギリシャ神話では空の神とされています。ジョーティッシュで天王星は、アルンと呼ばれます。アルンという言葉はもともと夜明け、赤い輝き、色彩を意味する。 つまり天王星は新しい夜明け、新しい始まりをもたらす惑星なのです。


実際、科学的研究の進歩、技術開発の大躍進、人間生活と宇宙の全体的な発展をも示唆する惑星アルン。アルンは、土星とともに水瓶座を支配します。アルンという名前は、ヒンドゥーの神ヴァルナに似ています。ヴァルナは空と海を支配するデーヴァ(神)。天王星の特徴と完全にマッチしています。


天王星が人類によってようやく発見されたのは、1781年のこと。天王星は当初インドで、プラジャパティと呼ばれていました。プラジャパティとは創造主のこと。ヴェーダ占星術師は、天王星を非常に強くエネルギッシュな惑星として認識し、その前衛的でクリエイティブな特徴をすでに掴んでいた訳です。

さて牡牛座が意味する安定と慣れ親しんだものへの愛は、天王星の混沌として予測不可能な変化により揺さぶられることになります。これからの7年、アルンの自由と反逆のエネルギーによって金融業界に変革がもたらされるでしょう。今回天王星が牡牛座に入ると木星と融合しました。従ってこれからの変革やイノベーションは、世界や人類にとってポジティブな影響をもたらすことの方が多いと予測されます。


牡牛座は日本国のチャートで6ハウスの負債にあたることから、赤字大国とも呼ばれる日本にこのトランジットが負債削減のきっかけになってくれるとよいですね。また6ハウスは医療の領域でもありますから、アルンによる医学的な技術の進化や発展も期待したいところ。


個人レベルでも、経済、食習慣、家族、収入などに関する変化や革新が期待できます。このタイミングのグル~木星とアルンのコンジャンクションで、魂の進化につながる生活習慣の改善をすると長期的に得をすることになりそうです。


天王星が以前に牡牛座を訪れた1930年代を振り返ると、大恐慌や共産主義の台頭などの出来事が挙げられます。世界は大きな変化や破壊を通じて転換期を迎えたのです。先ずは天王星だけで恐慌が引き起こされるわけではないので御安心を。しかし、多かれ少なかれ、それぞれの人生に何らかの特別な変容と革新がもたらされることは確かです。牡牛座はあなたのホロスコープでどのハウスに入りますか?

それは、あなたはそのハウスに関連する事柄で変化を経験する可能性が高いことを意味します。早速チェックしてみましょう。



 


ナクシャトラでいうと、天王星は2026年7月12日までクリティカに滞在することになります。アルンは一度2026年7月12日から11月12日までローヒニ・ナクシャトラに入りますが、その後また逆行し2027年5月1日までクリティカに留まります。


天王星はギリシャ神話で天空を支配する神。炎のエネルギーを持つクリティカに、アルンの開放的な波長という新鮮な空気が入ります。太陽から数えて7番目の惑星であるアルンは、数字の7のパワーを保持しています。ナンバー7は、ケートゥに呼応。即ち変化、混沌、性格やキャラの変容、精神性などといった天王星の特性は、ケートゥのそれと大いに一致します。


つまりスピリチュアルな意識の高い人々にとって、天王星のクリティカのトランジットは、自分を改革し、意識を高める大きなチャンスとなります。

逆に霊的にアンテナが立っていない人にとってクリティカ・ナクシャトラおよび牡牛座のトランジットは、ステータスクオ~現状をひっくり返されるように感じられるかもしれません。それは経済的に、家族に、社会的評判や地位という意味でもサプライズが引き起こされることをも意味します。


もう一つ覚えておくこととして、あなたが投資家なら株式市場や不動産市場は今後7年間、必ず乱高下が激しい時期も訪れるということ。いつもながら無謀なリスクを取らず、細心の注意を払って資金と資産を守ることが勧められます。 これもまた天王星だけが単独で引き起こすというより、他の惑星のトランジットを見ながら今後判断していくことになります。


一方、スピリチュアルで個性的な人にとって、さらなる進化と潜在性の開花はアルンの恩恵によっても実現しそう。自己啓発や精神修養に投資しながら、天王星をチャネリングしてみたらよいですね。



キーワード

空、海、宇宙技術、テクノロジーの進歩。個人的な変容、スピリチュアルなブレークスルー、ヴァルナ、驚き、予期せぬ変化。




 

Guru~木星、ローヒニ・ナクシャトラに移動


6月13日、グル~木星はローヒニ・ナクシャトラへ移動。クリティカ・ナクシャトラでの吉兆な滞在に続き、このローヒニ・ナクシャトラでの木星のトランジットは、多くの人に有難い恩恵をもたらすでしょう。


木星は6月13日にローヒニ・ナクシャトラに入ると、そこに8月20日まで滞在します。その後木星は逆行し11月28日にローヒニに戻ると、2025年4月9日まで引き続き滞在します。つまり、木星はかなり長い間かけてじっくりローヒニ・ナクシャトラを通過することになります。


月が支配するローヒニ・ナクシャトラは、両手を広げて吉惑星「木星」を歓迎。ローヒニの安定とものごとを固定する性質は、木星のポジティブな効果をヴィリシャバ~牡牛座の領域に根付かせます。これは世界経済全般に恩恵を与え、雇用機会の創出、株式市場の高騰ににもつながるでしょう。ローヒニは創造主ブラフマーに支配されるナクシャトラですから、あなたと人類全体をサポートする新しいことがらを創造するチャンスでもあるのです。


ローヒニのモチベーションはモクシャ、即ち心の平安、輪廻転生の鎖からの解放。木星がクリティカ・ナクシャトラからローヒニに移行し長く滞在するこの時は、スピリチュアルな修行に取り組むことで、内なる平和を見つけ、毎日をポジティブで幸福な気分で過ごしたいものです。


ローヒニ・ナクシャトラの動物シンボルは、蛇です。蛇が祀られている神社を訪れると、ナーガ神があなたの人生に祝福をもたらしてくれるでしょう。


ローヒニ・ナクシャトラに関連するカーストはシュードラ(労働階級)です。勤勉で真面目に仕事に取り組んできた人はこの期間木星の恩恵によって経済的に報われるでしょう。


あなたのラグナ(アセンダント)、太陽、月、火星がホロスコープでローヒニ・ナクシャトラにある場合、この期間はキャリアアップや社会一般での活躍が期待でき、人気と名声も上昇するでしょう。成功への鍵は、法と秩序を守ること。そして木曜日に黄色を着る、ホロスコープで木星と相性が良い人はイエローサファイヤを着けることがこの影響をさらに増幅させます。


もちろんバガヴァッドギータなどの聖典、ラーマヤーナやマハバーラタなどのイティハーサを読む、プージャやアビシェーカをする、マントラやバジャンを実践する、日々のディヤーナおよびヨガ、祈りはローヒニ・ナクシャトラの木星を喜ばせ限りない恩寵があなたに注がれるのです。ホロスコープで金星か水星がローヒニ・ナクシャトラにある場合は、専門家のアドバイスや教師の知恵を無視しないことがとても重要となります。大切な人の意見を軽視したり、宗教や聖典をなめているととんでもない落とし穴にはまることになります。



象に乗った木星の支配神ブレハシュパティ
ブレハシュパティ 木星の支配神

【ナクシャトラ・ジョーティッシュ】2024年6月のトランジット~インド占星術ホロスコープ分析

いかがでしたか。


Mystical Light 著 まだ誰も知らない27星群ナクシャトラ

アマゾンご注文リンク


 

楽天ご注文リンク



ミスティカルライト著 まだ誰も知らない27星群ナクシャトラ表紙
まだ誰も知らない27星群ナクシャトラ

閲覧数:153回

Comments


bottom of page