top of page

ナクシャトラ インド占星術 アクシャヤトリティヤ🌿マインドフル瞑想会

更新日:1月31日

ナクシャトラ インド占星術 アクシャヤトリティヤ

Happy Akshaya Tritiya 2023 Mindful Meditation with Mystical Light

春の願望成就 第一弾!!!



シヴァとシャクティが融合するミスティカル・ライトでは、ギータやマハバーラタなどの勉強、そしてマインドフル瞑想の実践を奨励しています。
主クリシュナとスダマ

【一粒万倍アクシャヤトリティヤマインドフル瞑想会 】 テーマ:チャリティーとギータ 【日時】4月23日(日)21:00~21:40

【ナビゲーター】 飯島淳之亮 【参加費】:無料 音声カメラオフで出入り自由。 【場所】:いつものSkype チャネル  (初めての方はご連絡ください。リンク共有します。)


インド占星術ジョーティッシュを学ぶみなさまへ、

ナクシャトラ 占星術 アクシャヤトリティヤ ~マインドフル瞑想会。ミィスティカルライトでは1年で一番縁起の良いアクシャヤトリティヤのタイミングを捉えてアバンダンスの儀式をしています。


太陽が牡羊座入りしたものの、既に迫りくる日食と月食の影響で波動は不安定。だからこそ2023年のアクシャヤトリティヤはしっかりと祈るべし。太陽と月が同時に高揚する1年に一度の一粒万倍日。


サンスクリット語でアクシャヤは永遠を表し、この日に人生における家族や仲間の平安、健康、そして繫栄がずっと続くことを祈ります。


アクシャヤトリティヤは、ヒンドゥー教の三位一体の中でも維持の神として帰依者に愛されるヴィシュヌ神が支配する日です。ヒンドゥー神話によると、アクシャヤ・トリティヤの日は、第二のヨガであるトレタ・ユガが始まった日。アクシャヤ・トリティヤは、パラシュラム神の誕生の日を記念する日として祝われます。ヴィシュヌ神の6番目の化身であるパシュラム神(文字通りの意味は、斧を持ったラーマ)は、クシャトリア人の蛮行から地上を救うために降臨しました。この日は、インドのほとんどの地域でパシュラム・ジャヤンティとして祝われていますね。また マハーバーラタを編纂したヴィヤーサ仙が、アクシャヤ・トリティヤの日にガネーシャ神にヒンドゥー叙事詩の朗読を始めたという伝説、そしてガンジス川がこの日に地上に降りたという説もあるほど、アクシャヤトリティヤの日は奇跡の力に満ちているのです。


ドゥワパラユガでは、アクシャヤトリティヤの日にドワルカを訪れたクリシュナ神の友人スダマは、生活に困っており金銭的な援助をクリシュナに求めたいと思っていました。しかし親愛なる友人クリシュナに再会できただけで気持ちが高まったスダマは、自分の金銭的な問題に触れることはありませんでした。クリシュナは神の化身でありながら幼馴染のスダマを手厚くもてなしました。小さな袋に少量の米しか手土産に持ち合わせていなかったスダマは、これをクリシュナに渡すことをためらいます。

そんなスダマの心を読んだクリシュナは、用意してきた米を渡すようスダマに促します。

クリシュナははバクティのこもったその米を何とも美味しそうにほおばりました。数日後スダマが家に戻ると、妻が美しくゴージャスなサリーを着て彼を待っていました。なんと彼らの住んでいた小さな貧しい家は、大きな御殿に変わっていたのです。

小さな心のこもった米袋をもらったお返しにクリシュナ神が無限の繁栄を祝福したのです。スダマがドゥワラカのクリシュナを訪れたその日がアクシャヤ・トリティヤだったのです。アクシャヤトリティヤは、幸運と成功をもたらすと信じられ、この日に金を買うと繁栄と富が増幅するのです。



【日曜までにすること】 -ギータ、マハバーラタ、ラーマヤーナを読む。 - ジャパ瞑想 -23 日 当日はお好みのチャリティーに募金・寄付する。 ゴールド、ダイヤ、ジュエリーを購入する。


【23日のプログラム】 - クベラマントラ瞑想 - お財布の浄化・チャージを一緒にやります! スマッジング、パイライト、グリーンアベンチュリンなどクリスタルを用意。




ナクシャトラ インド占星術 アクシャヤトリティヤの奇蹟からジョーティッシュを学ぶ。ミスティカル・ライトではナクシャトラに特化したクラスやコースを実施中。お気軽にお問い合わせください。

閲覧数:146回

Commenti


bottom of page