top of page

クリスタルヒーリング 講座 アンハイドライト・エンジェライト   

更新日:5月11日

クリスタルヒーリングを充実させよう。 ミスティカル・ライトでは、ペイガンの暦上の8つのサバト(祝祭日)を祝う瞑想会を実施しています。


硬石膏 Anhydrite (アンハイドライトは無水物を意味する。)

組成式: CaSO4

主成分:硫酸カルシウム=硫酸塩鉱物


Anhydrite ~アンハイドライト は日本での公式名を硬石膏といいます。

クリスタル好きな人にアンハイドライトと言ってもピンとくる人が意外に少ないかも知れません。

クリスタルヒーリング市場でアンハイドライトは、エンジェライトという呼び名で知られているからです。

性格に言うとエンジェライトはアンハイドライト・ファミリーの一員です。


エンジェライトという名に相応しく、正にエンジェリックレルム~天使の領域の波動であなたのオーラを癒してくれるクリスタルでアンハイドライトの中でも不安や心配事を鎮めてくれるブルー系の石を指します。

ここではアンハイドライト全般のお話しをしたいと思います。


アンハイドライトは淡い半透明の結晶です。アンハイドライトは鉱物としては一般的ですが、簡単に別の鉱物に変質してしまうのと、モース硬度3と脆いのであまり出会わないという意味でレアと言ってもよいでしょう。販売されているエンジェライトクリスタルやジュエリーは、氷河のようなブルーやライラックで、雪のような斑点が見られますます。透明な場合は、無色またはパープルもあります。半透明の石は、白、褐色、灰色、バラ色、ライラック色になります。


アンハイドライトは、石膏が水と接触していた場所に形成され、その水が蒸発してできた無水石膏の結晶です。この石は、何百万年も圧縮されたセレスタイト(石膏の別の一種)から形成される訳です。無水石膏はもともとペルーで発見され、その後、イギリス、ドイツ、ポーランド、リビア、エジプト、メキシコで発見されてきたそうです。


アンハイドライトは不安定な石で、ちょっとしたことで水分を吸収してしまいます。また、傷つきやすいので、ひっかき傷や鋭い打撃、極度な温度変化で割れたり、砕けたり、欠けたりしないように保護が必要です。柔らかい鉱物アンハイドライトは、水に触れたり浸したりすると石膏に変化してしまうのです。アンハイドライトは水で浄化しないこと、と覚えておきましょう。


個人的にエンジェライトとして出回る石にはあまり興味を持たなかったのですが、2023年夏に海外のオンラインジェムジョーで純粋なアンハイドライトの波動に魅せられ落札しました。

こちらがその結晶体です。



一般的にエンジェライトとして知られる硬石膏。天使の領域の波動を持ち瞑想やヒーリングに幅広く活用できるクリスタル。
硬石膏 アンハイドライト




クリスタルヒーリング講座 アンハイドライト/エンジェライト編


ウィキペディアによると硬石膏は、


硬石膏は石膏と同様に海水の蒸発に伴って最初に析出するため、岩塩が堆積する場所の近く、特に岩塩の下層に豊富に存在する。その他、熱水鉱床火山岩凝灰岩の隙間などに塊状等の形態で産することも多い。


と書かれています。


第一印象:

こちらのアンハイドライトは見た目も石膏に類似しており、石膏~ジプサムの一種であるセレナイトとよく似たヴァイブレーションです。

最初に手に持ち呼吸を合わせ波長を『聴いて』みると予想通り、確かにセレナイトやアポフィライト、ダンビュライトのようなエンジェリックな周波数であることが分かりました。


ただアンハイドライト特有のとてもデリケートで優しい、仄かな淡いパープルとホワイトがミックスした光がオーラに広がる心地よさには、驚かされました。 


個人的に受けたメッセージ:

アンハイドライト・エンジェライトはストレスの緩和、精神の安定、エンジェルレルムとのつながりを深めるのに最適な印象です。


併用したいクリスタル:

セラフィナイト/  同じくエンジェルの領域に誘うセラフィナイトと一緒にワークすると、より鮮明に守護神や天使と対話ができるだけでなく、深い癒しも得られるでしょう。


ダンビュライト/ 高周波数でお馴染みのダンビュライトと併用すると、ピンクの波長が増幅されハートチャクラへの効果が倍増します。


アポフィライト/ 特にグリーンアポフィライトや、クリアなポイントと併用するとヒーリング効果が促進されるばかりか、クラウンチャクラ、そしてステラゲートウェイまで意識が拡大するのが分かり、より充実した瞑想が体験できます。





季節の周波数との因果関係:

1月中旬から2月中旬にかけて自然界は、当時の濃いパープルから淡いパープルに変化しています。

よってアンハイドライトの淡いパープルとホワイトの波長はエナジヒーリングに適しています。

積極的にヒーリングやアチューンメントに取り入れるとよいでしょう。



原子構造・波形:

斜方晶系

アンハイドライトはヒーリングやアチューンメントで邪気、痛みの要因、ストレス、トラウマなどリリースしてくれる斜方晶系の波形で結晶化しています。

何をリリースしたいか明確にプログラミングし、少なくとも1週間から10日連続で1日15分ほどワークすると必ずや心や身体に変化があるばかりか、手放したい事柄のリリースをサポートしてくれる人やアイテムに出会うなどシンクロニシティがあるでしょう。この通りクリスタルの原子構造に注目しその働きが分かるとクリスタルヒーリングのやり方が劇的に変わっていきます。


併用したいアロマ:

ラベンダー、ローズ、フランキンセンス




 

一般的な硬石膏の画像をいくつかシェアします。



どこかSatyaloka Quartz を彷彿させるAnhydrite
どこかSatyaloka Quartz を彷彿させるAnhydrite




氷河ブルーが美しいアンハイドライト
氷河ブルーが美しいアンハイドライト


エンジェルの領域とのつながりを強化し、夢、直観力、自己表現力を高め、平穏な心であなたを満たしてくれるアンハイドライトおよびエンジェライト。

仕事が押し寄せてきてしまった、または自分と波長が違い悪意がある人と一緒にいて気分が悪くなってしまったなどという日は、是非部屋のセイクリッドスペース(神聖な場所)でキャンドルを灯しスマッジングハーブを焚きオーラを清め、アンハイドライトと10分でも瞑想してみましょう。


新しい職場で働き始めるなど緊張を伴う環境に身を置く時は、エンジェライトのブレスレットなどを着用してみましょう。


お問い合わせからあなたの体験を是非教えてください。みなさんがアンハイドライト/エンジェライトを活用しピースフルに過ごされますよう。


クリスタルヒーリング講座 アンハイドライト・エンジェライト編、いかがでしたか。

ミスティカル・ライトとクリスタルヒーリングを学びたい方は、サイトのフォローお願いします。



 


クリスタルヒーリングのやり方を10倍楽しく充実させる ペイガンの暦とクリスタル瞑想のテクニック。Mystical--Light と一緒に学びませんか。


ウィール・オブ・ザ・イヤー 石、アロマ、スマッジングハーブなど使ったインボルクのマインドフル瞑想会の

ビデオを観る。👇




著書:The Wheel of the Year クリスタル瞑想&ペイガンの願望成就 アマゾンより発売中



ミスティカル・ライト主宰 飯島淳之亮著書
The Wheel of the Year クリスタル瞑想&ペイガンの願望成就




閲覧数:66回

Comments


bottom of page