検索

ブッダ(水星)、メシャ(牡羊座)に移動

ブッダ(水星)が8日から24日までメシャ(牡羊座)にショートステイ。


ブッダはここから先住のラーフに近づいて行き

ラーフを追い越し24日にはクリティカナクシャトラで

カルサルパヨガが終了。

そして25日にはヴリシャバ(牡牛座)へ移動。


これはグル(木星)が好位置であるミーナ(魚座)に移動する前、

人々にとって一度深呼吸ができる嬉しい転機となる。

3月からのウクライナ情勢が正にカルサルパを象徴していたが、

アメリカでも1月から200件以上銃撃事件が起こるなど何かと緊迫感が

漂っていた。

ブッダとラーフのコンジャンクション当日、その前後は留意が必要なものの、

この2つのグラハが近づくことで『戦略的なプランニング』力が発動するため、

ここからの2週間、政治的にも個人レベルでもその相乗効果を活かしたいところ。


ブッダがメシャに入ると一気に行動力が増すので、スピードの出し過ぎには注意が必要。


特に今年2022年は、2+0+2+2=6でシュクラ(金星)の年。立ち止まりゆったりと心を満たしリラックスする時間を忘れないことが重要。

特に水星が牡羊座にいる4月は失言など人とのコミュニケーションでも軽率な態度は慎みたいところ。


水星は5感にもつながっているので毎日の瞑想でラジャスを静め能力や技能を活かし積極的に動くには最適のエネルギーなので最大化したい。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示