top of page
検索

水星10月末まで高揚

ブッダ(水星)は7月2日から慌ただしく双子座、蟹座、

そして獅子座の3つのラシ(星座)を通過。


それがこの8月21日から2か月強、しっかりと乙女座に滞在する。

乙女座は水星にとってベストなポジション。


まず序盤0~15度まではウーチャ(高揚)

続いて16度~20度まではムーラトリコナでセカンドベスト、

終盤21度~30度までもスワクシェートラ(自室)でサードベスト


と実に2か月以上水星は最もその力を発揮してくれることになる。


もともとラシクンダリ(誕生チャート)で強い人もそうでない人も

トランジットの惑星の恩恵は誰にでも注がれるもの。


読む、書く、学習、コミュニケーション、プランニング、

クラフト、趣味、スピーチ、など

スキルや才能を磨くチャンス。


途中、9月中旬から1か月太陽が通過するためコンバストのみ留意が必要なものの

太陽と水星のコンビもブッダアーディッティヤと呼ばれるマハプルシャヨガが形成され

上記のことがらを次のステージに押し上げる働きがある。


8月31日には水星にさらなる力を授けるガネーシャの降誕祭、

ガネーシャチャトルティが重なる。(次回のマインドフル瞑想会もこの日に実施。)


ガネーシャマントラ、水星のマントラ、グリーンの服を着る、水曜に緑のアイテムを祭壇に捧げる、などの行為が勧められる。


画像:NASAが撮影した水星。






閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page