検索

土星逆行開始☆土曜のファスティング




7月12日に年末までシャ二(土星)は逆行(ヴァクリ)の

ポジションのままマカラ(山羊座)に入り。


山羊座に土星と言えばコロナ禍。授業でも以前言った通り

感染者数の増加が既に現れている。


10日から4か月続くチャトルマースには16回土曜日のシャ二(土星)に捧げ

土星の悪影響を軽減するファスティングが勧められる。

コロナには土星、ラーフ、ケートゥの影響がカギを握るため、

土曜日(ラーフの日でもある)、エーカダシ(月のフェーズ11日目)、火曜日(ケートゥの日)に夕刻までのジュースやミルクのファスティングが効果的。


この時期に食生活を整えることは、必然的に食欲が増加する秋冬に向けての

事前調整にもなり、また冬から春にたらけた望ましくない食習慣や常習性(ラーフケートゥ)を切り取るチャンスとなる。


ファスティングが無理なく上手くできると瞑想のクオリティーが数段違うことは

誰もが気づくこと。


ギータでも説かれる情欲や感情のコントロールも、食生活が不浄な人は3倍、5倍難航してしまうのは、食がマインドに直接に影響するから。


アルコールは言うまでもなくタマス(無知)を増幅するので、気持ちのアップダウンが激しくなり、霊性修行や覚醒も一進一退となってしまうので留意が必要。


バガヴァッドギータ


10章9節

常に『神』を想っている魂は、全ての行為をわたしに捧げており、

いつも充足感に満ちている。


彼らはいつも普遍的真理について、また神を語り互いに啓発しあっている。

そして無上の満足と至福を味わうこととなる。







閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示