検索

ウクライナ情勢 停戦・交渉

更新日:3月2日

世界でプーチン大統領を批判する声が広まる中、ロシアでも戦争反対運動は続き署名も100万人に迫る勢い。


民衆の見方であり民主主義の土星が支配するラシに惑星が集中する中、ロシアとウクライナ間で停戦交渉が開始するとの報道が。マカラ(山羊座)で正に水星が21度、土星が24度と近づいている現在、水星は土星に中立、土星は水星に対し友好的。そこへこの後月が入っていく形に。両国のリーダーにはこのタイミングで冷静かつ戦略的な決断をしてほしいところ。


ゼレンスキー大統領の太陽が山羊座の11度(自身の9ハウス)に対し、プーチン大統領のラーフが25度(自身の4ハウス)にあたる。さらにゼレンスキー氏がアセンダントの近くにグル(木星)がいるのに対し、プーチン氏のネータル1ハウスにはシュクラ(金星)が。

正にデーヴァとラクシャーサ(善と悪)の対立となっている。

交渉についてもプーチンは条件を一方的に押し付け強気に脅しをかけてくる可能性が高い。

ウクライナの民間人の安全を考えればマハシヴァラトリの祈りが世界を平和に導くよう祈るばかり。


プーチン氏は土星期の最後を迎えており、ネータルでは土星は12ハウスに位置。彼の体調、精神状態は3月のナクシャトラの授業で。


シュリ・シュクラチャルヤとシヴァ神。

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示